詰棋書紹介(52) 詰将棋三十年


詰将棋三十年 柴田昭彦 全詰連 1980.8.5

今だったら『詰将棋七十年』なんだな……。

柴田氏とは直接の面識はほとんどない。
大阪で開催された詰将棋全国大会で数回お目にかかったことがあるくらいである。
その際も、美人演歌歌手の話しかしなかった。

しかし、人柄は文章と作品で(おそらく)わかる。
私は正直言って、大好きである。

私が詰将棋を始めてから今年で足かけ三十年になるので、「探偵小説四十年」を真似て、「詰将棋三十年」としたわけである。多磨霊園に眠っている乱歩から”類似作”の指摘を受けそうだが、ファンなので許してくれるだろう。

作品集の形式は、「春霞」方式を理想としているので、森田正司氏のご諒解を得て同一形式にした。

その内で一番気に入ったのが本作でもしかしたら半期賞を取れるのではないかと密かに期待していたわけだが、予想通りに受賞できて感激したものである。

作品は私には難しく、全然解けなかった記憶がある。
ところが今と見ると、結構解けるものもあるようだ。
(あ、これって答を覚えているだけかもしれないな……)

最近の私の好みで選ぶとしたらこれだな。トボトボとした龍の動き。
本作の作者の言葉にも71銀の配置は森田氏の助言で感謝していると書いている。
ホント、正直な人だ。

柴田昭彦 『詰将棋三十年』第88番 近代将棋1978.11

詰将棋創作講座を読む(14) 田中至『詰将棋考』

田中至の『詰将棋考』の第4部が「私の作図法とその歩み」となっており、何回かに分けて紹介する。
第1章は「逆算式創作方法」なのだが、どうもこの章は別の論考で読んだ記憶がある。
そちらの方で紹介したいので今日は第2章「Bの字形」を読んでいこう。
続きを読む 詰将棋創作講座を読む(14) 田中至『詰将棋考』

詰将棋入門(71) 2枚角の連携遠打

伊藤看寿 『将棋図巧』第8番 1755

伊藤看寿の比較的易しい作品が続いたが、本作は非常に難解。
解決の鍵を見つけるのが至難である。
さらに序盤の変化が複雑で狙いの局面に辿り着くことも難しい。


続きを読む 詰将棋入門(71) 2枚角の連携遠打

いっこの積木(8)

『いっこの積木』は風みどりの詰将棋作品集としてまとめる予定です。

第1章 5手詰

5手詰を盤面駒数の少ない順に並べますので是非感想を聞かせてください。

風みどり 未発表?

風みどり 未発表?

多分「風みどりの玉手箱」のタイムトライアルで使ったのではないかと思う。

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想でも歓迎です。

続きを読む いっこの積木(8)

詰棋書紹介(51) 春霞

春霞 森田正司 全詰連 1971.10.1

あらためて手に取ると,その薄さに驚く。
作品55局,わずか74頁。
しかし,印象はそうではない。
詰棋書の歴史に燦然と輝く存在感の強烈な作品集だ。

森田正司は「美」という言葉をよく使う。
序文から引用しよう。

「新手筋」の開発もさりながら,詰手順の構成美・律動美,駒の機能美・躍動美,配置の簡潔美・自然美・象形美……これら永遠の命をもつ「詰将棋の美」を探求することは至上の喜びである。

下は『近代将棋図式精選』にいただいたサインだ。

吉田健,山田修司,門脇芳雄,大道棋人と文章が書ける最強のメンバーで解説をつけているのだが,作者も必ず一言付け加えている。

七手詰,機能美,実戦型,入玉図,謎解き,打歩詰,中合,変則合,曲詰,趣向,双玉という11のジャンルに各5局という凝った構成を取っている。
巻末に小論文や小西逸生氏の随想,グループによる祝賀曲詰の連作なども掲載しており,実に中身が濃いのだ。

『春霞2』の話もあったのについに出なかった。
おそらく『詰棋めいと』の発行やほかの人の作品集の編集に力を注ぎ,自作集のことは後回しにしていたのだろう。

田宮さんの詰朗会には足しげく通ったが,森田さんの詰将棋研究会はエリートの集まりという印象で敷居が高かった。
思えば,もと色々教えてもらえばよかった。

国分寺公民館を借りるのに「将棋のサークル」と届けてあるので市民文化祭に将棋大会などの開催協力をする必要があった。しかし小学生のガキンチョの対応には手を焼いたようで,オイラに手伝ってくれと声がかかった。
森田さんの力になれたのは,それくらいしかないなぁ。

吉田健氏の解説に次のような一節があった。

–ことのついでに,森田氏はいわゆる”変同”を余り気にしない作家である。

そうか、オイラが変同をなんとも思わないのは、森田さんの影響だったのか。(権威の悪用)

森田正司 『春霞』第21番 詰パラ 1963.8

15手で一塊。
完結している。
無駄な手が一切ない。
駒の働きも完璧。

29とを置かなくてはならなかったときの森田正司の心情は如何なるものであったか察するに余りある。

名作とはこのような作品につかう言葉である。(今風だと神作?)

詰将棋用語の最前線(6)

若島手筋

筆者が初めてこの言葉を見たのは宗岡博之「MOTOR DRIVE」の解説。
担当者は阿部健治氏。

宗岡博之 「MOTOR DRIVE」 詰パラ1994.10


続きを読む 詰将棋用語の最前線(6)

詰将棋入門(70) 朝霧

伊藤看寿 「朝霧」『将棋図巧』第6番 1755

有名な作品。
「朝霧」のタイトルは作者がつけたものではなく,後世の人がつけたとのこと。
この後世の人の功績は大きい。
「図巧6番」ではピンと来なくても「朝霧」といえば,「ああ,あの作品か」とわかる。

話題にのぼる作品にはタイトルをつけてくれるとありがたい。

本作品は81手と長編だが趣向に入ってしまえばスイスイ解けるので,本作を解いて「『図巧』の長編を解いた!」と言ってみてはいかが?

続きを読む 詰将棋入門(70) 朝霧

いっこの積木(7)

『いっこの積木』は風みどりの詰将棋作品集としてまとめる予定です。

第1章 5手詰

5手詰を盤面駒数の少ない順に並べますので是非感想を聞かせてください。

風みどり スマホ詰パラ2014.5.14

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想でも歓迎です。

続きを読む いっこの積木(7)

「青い鳥2020」入荷しました

売り切れでご迷惑をかけていた『青い鳥2020』がたっぷり入荷しました(当社比)。

また『野村量の詰将棋560』は週明けには東京将棋会館でも購入することができる予定です。
もちろん,ここつみき書店でもAmazonでも購入可能です。
送料が一番良心的なのは柳田さんの全詰連書籍部
こちらでも購入可能です。

『Limit 7』も忘れずによろしくお願いいたします。

詰棋書紹介(50) 白雨


創棋会詰将棋作品集 白雨 山本昭一編集 全詰連 1983.2.1
続きを読む 詰棋書紹介(50) 白雨

詰将棋で遊びましょう